寝不足の職人にもプライドがある

「パスタ」に関して本を書くなら、どういったことを書く?「アイスコーヒー」の一般的な解説なんかかな。それとも、自分オリジナルの考え方からの見解だろうか。
トップページ >
ページの先頭へ

勢いで歌う彼と読みかけの本

私は、肌が弱く、化粧はほとんど使えないし、スキンケアも使用できない物が多い。
そのことから、果物やサプリメントのパワーに頼ってしまうのだが、ここ最近摂っているのがゼラチンだ。
ドリンクに混ぜて、毎日飲んでいるけれど、多少肌がつややかになった。
そして、実行してから実感するまで即効性があったので、びっくりした。

喜んで話す君と突風
少年はたいそうひもじかった。
来週から夏休みという頃、小学校から歩いて帰宅していた。
蝉がもうやかましく鳴いていて、日差しは強く、夕方でもまだまだ陽は高かった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するときも多いが、今日は大変空腹だったから、急いで家に帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨晩のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋に半分くらい残っていたはずだ。
ご飯もおそらく、残ったのが冷蔵庫に入っているはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、足早に家へと向かった。
すると、汗がさらに出てきた。

月が見える火曜の夕暮れは微笑んで

振り返ると、学校へ通うようになってから高校生まで熱心に勉強をしてこなかった。
他の生徒たちが集中して学習していても、自分は言われるままの内容をなんとなくやるといった感じだったように思う。
それでも、大学に入学してから私の学びたい分野の勉強が始まると、知識がするりと入ってくるようになった。
ついに、会社に入り、研修期間を経て本格的な業務を任されると、次は何も言わずに勉強せざるを得なくなった。
楽しくないとか考える時間もなく、ひたすら勉強する日々が続いた。
このような生活をしばらくすると、今度は学校時代に真面目にしなかった勉強をやり直したいと考えるようになった。
今では、同じように思っている人が当時のクラスメイトにたくさんいる。

雨が降る土曜の朝にお酒を
友人の彼氏が梅干しを販売しているとの事。
都内に本社を置き香港に店もあり、関西の方に自社工場がある。
各都道府県にたまに、数人で組んだメンバーで訪問販売をするらしい。
夜中、これを聞くと、食べたくなった。
「梅干し食べたい」と言ったら、いただいたものがあると言いながら出してくれた。
このときに食べた梅干しが、今まででベストに美味しかった。
ここで、さっそくはちみつ梅を注文してしまった。

気持ち良さそうに熱弁する妹と履きつぶした靴

暑い季節はビールが非常にうまいけれど、近頃そんなには飲まなくなった。
30前は、どれだけでも飲めたのに、年とともに次の日に残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった当時はめっちゃあこがれ、行くことがとっても楽しみだったけれど、会社の関係であきるほど行って、俺のイメージの中では、今では、印象が悪い。
けれども、取引先との付き合いの関わりでとても久々にビアガーデンに行った。
すごく久しぶりにうまかったのだけれども、テンションが上がってとてもビールを飲みすぎて、やっぱり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

喜んで自転車をこぐ彼女と公園の噴水
絵や写真など芸術観賞が好きだし、デッサンも自信があるのに、撮影がとても苦手だ。
それでも、前、一丁前に、ライカの一眼を大切にしていた時もあり、なにがなんでも持ち歩いたりした。
ビックリするくらい視点が合ってなかったり、センスのないアングルなので、レフがあきれているようだった。
それでも、撮影や加工はやっぱりとても、クールだと思っている!

喜んで踊るあなたと失くしたストラップ

笑顔って素敵だなーと思っているので、できるだけ笑顔で話すようにしている。
なるべく、時と場合を考えて。
でも、他の人に強制してはダメだ。
つまり、一概には言えないけれど自身の概念として。
業務中はシリアスな顔で一生懸命に商談をこなしていた人が、ほころばせた瞬間。
すごーく大好き。
目じりに皺ができる人が好き!とよく言う学生時代の友人。
気持ちも分かるかもしれない。

陽気に走るあの人とよく冷えたビール
見入ってしまうくらい素敵な人に出くわしたことがありますか?
私は一度あります。
電車内で20代後半くらいの女性。
女性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれだけお手入れをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
だけど、内側から醸し出すオーラはたぶんありますよね。
世の中には素晴らしい人がたくさんいるんだなーと思いました。

雨が上がった水曜の夕方に立ちっぱなしで

ビールなど、お酒のおともに、まあまあ健康に良い食材を!と考えている。
しばらくのお気に入りだったのは、キュウリ。
もっと前はさんま。
それにも飽きて、最近は、鰻だけれど、お金がかさむのであきらめた。
先日新たなおつまみを考案した。
スーパーで90円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、バターで炒めて、味の素と塩コショウを少々ふりかけて味付た物。
じゅうぶんコストはリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

具合悪そうに走る家族と僕
ある大がかりな業務が舞い込んできたとき「どうにかなる」と考えていた入所当時。
当時の自分を含むメンバーのみんなが「過ぎればどうってことないよ」などと不真面目にとらえていた。
そしたら指導専門の上司が口を切った言葉が心に残っている。
「目標に向かって、十分に時間をかけたからこそ、業務終了後に成功しただけの話。
それ故に、この状況のように甘く構えていて、運よく事が大したことなかったという意味ではありません。
過ぎてしまえば簡単だったといった言葉の裏にあるのは、真逆です。
日々しっかり勉強し準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、内容がスムーズに進んだと言っているだけです。
がっつり仕事をする気になれましたか?
なめてないで頑張りましょう。」
という事。
それから、私はそれに向けて全力をそそぎなんとか収めきることができた。

サイトカテゴリ

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 寝不足の職人にもプライドがある All rights reserved.